湾処の苔、焦土の水溜

忘れられた電脳世界の僻地にあって、時々珍奇な流民が迷い込む。そんな俺の墓。(何も無いけど、ゆっくりしていってね)

物質界のおもひでぽろぽろ。姫路市立動物園、素人の写真。Rest in peaceが言えなくて。

ある映画プロデューサーが、「素人の写真は面白い。素人は自分の撮りたいものを撮るからだ。プロは長年撮るべきものを撮っていると感性が鈍ってくる。」とのような事を言っていた。

俺は写真に関して、全くの素人だ。そんな俺の写真が面白いかどうか知らんが、俺が昨年の十二月に姫路市立動物園を訪れた際にスマートフォンのカメラで撮影した写真をいくつか並べてみようと思う。

ちなみに俺の写真は全て正方形だ。変なこだわりだ。カメラを横に向けたり縦に向けたりするのが面倒なのだ。それに、並べた時に統一感があるのだ。そんなわけで、正方形なのである。

f:id:nehanariake:20201025211655j:plain

先ず俺の目を惹いたのはアルマジロである。四足歩行でちょこまかと歩き回ったり、かと思えば突然球体になったり、せわしなく動き回っていて見ていて非常に面白かった。いつまでも見ていたいと思った。

f:id:nehanariake:20201025211810j:plain

フラミンゴ。

f:id:nehanariake:20201025211819j:plain

君は見たことがあっただろうか!山羊の後頭部を!!とくとご覧あれ!!!

f:id:nehanariake:20201025211814j:plain

シロクマ。この写真では伝わり難いが実物を見ると想像以上に大きい。しかもその大きさの割に動きが非常に機敏なのである。

(正方形写真の弱点はサイズ感や躍動感が表現し難く、 ダイナミズムやストーリー性に欠けがちな点だ)

f:id:nehanariake:20201025211801j:plain

シロフクロウ

f:id:nehanariake:20201025211806j:plain

ダチョウ。

f:id:nehanariake:20201025211857j:plain

ペンギンもおります。

f:id:nehanariake:20201025211903j:plain

どことなく寂しげなロバ。

f:id:nehanariake:20201025211844j:plain

どことなく寂しげなUFOキャッチャー。

f:id:nehanariake:20201025211848j:plain

抽象化された象と馬の乗るやつ。

f:id:nehanariake:20201025211853j:plain

みんな大好きスーパーゴリラボールとドドンガドン。

f:id:nehanariake:20201025211827j:plain

ゴリタンおやこのどっちの手にはいってるか。

f:id:nehanariake:20201025211823j:plain

一見優しそうな、金で動くおじさん。

昨今の政治家を風刺しているのだろうか。

いいえ、していません。俺の心が汚れっちまっているのです。

f:id:nehanariake:20201025211831j:plain

観覧車。

f:id:nehanariake:20201025211717j:plain

この動物園で亡くなった動物たちの慰霊碑。

いったいどれくらいの数の動物が亡くなっただろうか。

それぞれどのような一生を送ったのだろうか。

幸せだっただろうか。

人々に安らぎや楽しみを与えただろうか。

その死を悲しんだ仲間や人がどれだけいただろうか。

そんな事に思いを馳せる。

R.I.P. (Rest in peace)」という言葉も「ご冥福をお祈りします」という言葉も、俺にはどうもしっくり来ない。

何処か腑に落ちない所があって、俺はそれらの言葉を使うことが出来ないでいる。

では何と言えば良いのか。

「あなたはこのmaterial worldに生まれて、生きて、様々な現象を見たり聴いたり感じたりして、色々な経験をして、死んで、形の無い所へ帰られたんですね。俺もいつかそっちに行きます。」

と言うのは変だろうか。変だ。

おしまい。