湾処の苔、焦土の水溜

忘れられた電脳世界の僻地にあって、時々珍奇な流民が迷い込む。そんな俺の墓。(何も無いけど、ゆっくりしていってね)

映画と俺。(何思う、祭りのあとの、ごみの山)

今週のお題「最近見た映画」

今、世間で大流行しているアニメーション映画があるらしいが、俺はそれに全く興味が持てない。 巷には大量生産されたそのアニメーションに関する商品が溢れていて、消費者たちはそれを求めて騒いで、いつかは飽きて、大量に捨てられていくんだろうと思う。 その享楽のあとに、彼らの心には何が残るのだろうか。 俺はもうここ五年ほど全く映画を見ていないが、二十代の頃、映画に熱中し、月に20から30本くらい見ていた期間がある。 もうずいぶん前の事なので殆ど忘れてしまっているが、そんな俺が見てきた映画の中で今でも時々思い出すような印象に残っている作品をいくつか挙げてみようと思う。

『道』

道 [DVD]

道 [DVD]

  • 発売日: 2014/03/22
  • メディア: DVD

1954年に公開されたフェデリコ・フェリーニ監督の映画。 横暴な旅芸人の男ザンパノとその旅芸人に買われた女ジェルソミーナが共に旅する中で起こる様々な出会いや出来事を描いた映画である。 未だ見ていない者の為に詳細は書かないが、この映画のラストシーンは今でも時々遣る瀬無い情感と共に鮮明に脳裏に浮かび、あたかも自分がザンパノであるかのようにしみじみと後悔と悲哀の念に沈む事がある。

『夢』

夢

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video

1990年に公開された黒澤明監督の8つの短編、「日照り雨」「桃畑」「雪あらし」「トンネル」「鴉」「赤冨士」「鬼哭」「水車のある村」からなるオムニバス形式の映画。 8つの短編はどれも素晴らしかったが、特に印象に残っているのは「桃畑」のひな壇のシーンの圧倒的な映像美。 それから、「水車のある村」を見た際に、見覚えのある風景だと思い調べてみると撮影地は俺が信州の安曇野に住んでいた頃に訪れたことがある大王わさび農場であった。

『ひそひそ星』

ひそひそ星

ひそひそ星

  • メディア: Prime Video

2015年に公開された園子温監督の映画。 30デジベル以上の音をたてると人が死ぬおそれがあるという星で人に荷物を届ける宇宙配達員の女アンドロイドが主人公。 震災後の荒廃した福島で撮影された映像は、この作品の静かでもの悲しい世界観と非常にマッチしていた。

スカイ・クロラ

スカイ・クロラ The Sky Crawlers

スカイ・クロラ The Sky Crawlers

  • 発売日: 2014/08/13
  • メディア: Prime Video

2008年公開の押井守監督のアニメーション映画。 もうずいぶん昔に見た映画であらすじも思い出せないので引用する。

"永遠に生きることを宿命づけられた“キルドレ”と呼ばれる子どもたちが暮らす、もう一つの現代で、彼らは“ショーとしての戦争”で戦闘機に乗って戦っていた。戦うことで生を実感する日々を送る中、元エースパイロットの女性指揮官・草薙水素菊地凛子)と基地に赴任してきたエースパイロット・函南優一(加瀬亮)が出会う。(シネマトゥデイ)より。"

よくわからんがとにかく好きだった。戦闘シーン以外は基本的に静かで、哲学的だ。俺は静かで哲学的な映画が好きだ。 同監督の『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』も高橋留美子や原作のファンには不評らしいが原作に何の思い入れもない俺にとっては良かった。

茶の味

茶の味

茶の味

  • メディア: Prime Video

2004年公開の石井克人監督の映画。 美しい日本の田舎の風景とシュールレアリスムが融合したような独特の世界観が良かった。

もうあれこれ書くのが面倒になってきた。 興味があればググるなり動画サイトで予告編を見るなりして、見たくなったらDVDやBlu-rayを買うなり、レンタルショップで借りるなり、有料の動画配信サービスなどを利用して見ればいい。便利な時代になったものだ。 そうやって映画は消費されていく。 いっときの熱狂と共に消費された後の世界には一体何が残るのだろう。 教訓か、啓蒙か、カタルシスか、 或いは少し偉くなったような顔をした猿たちと、ゴミの山か。

俺の英語学習

俺はここ二年程継続して英語を学習している。 英語を学習するに至ったきっかけは、俺は読書が好きで、洋書の原書を読みたかったから。 それから、英語で情報収集ができるようになればもっと知見を広められるのではないかと思った事。 精神病には語学が良いと夏目漱石坂口安吾だかの随筆に書いてあったのを丁度鬱屈していた頃に読んだという事もきっかけの一つとしてあると思う。 ある程度洋書も読めるようになり、しかし何のために英語を勉強しているのかよくわからなくなってきた今となってはもうどうでも良い。

俺は高卒で、英語は苦手だった。 中学生の時点で躓いているので中学レベルの単語や文法や三人称単数などの決まり事もよくわかっていなかった。 TOEICで言うと300点台くらいの実力だったかと思う。 それから約二年程、サボりサボり学習してきた。 モチベーションは上がったり下がったりで、「俺には英語しかない。俺の残りの人生を全て英語に捧げよう」と意気込んだり、「今更こんな終わりの見えない英語学習などして何になるというのか。全て投げ出して死んでしまおうか」と思ったりした事もあった。

そんな紆余曲折を経て、今は洋書や英語のニュースサイトなどはそこそこ読めるようになったし、英語のPodcastなどもある程度聞き取れるようになった。TOEICの模試では大体850から930点。 まだまだ大したことはないが、伸び悩み、中弛みの今、これまで俺がどんな教材で、どのように学習してきたかを総括的に記しておこうと思う。

先ず、俺が使用した学習書の中で、まだ手元にあるものの一覧とその初めから終わりまで読んだ回数をスマートフォンのメモ帳からコピペする。

【学習書周回数記録】(ラダーシリーズ)

"Kokoro" 6

"The Great Gatsby" 8

"Gon. the Fox" 15

"Buying Some Gloves" 11

"RAKUGO" 7

"Time Noodles and Other Rakugo Tales" 4

"Run. Melos. Run" 13

"The Adventures of Arsene Lupin, Gentleman Thief" 4

"The Gandhi Story" 3

"The Albert Einstein Story" 1

"Botchan" 2

"Best Short Stories of O. Henry" 3

"The Mozart Story" 2

"The Beatles' Story" 1

"Leonardo da Vinci A Mind on the Move" 1

"Three Stories of Fear and Madness" 3

"Short Stories by Edgar Allan Poe" 2

"I Am a Cat" 3

"From the Files of Sherlock Holmes" 1

"Romeo and Juliet" 2

"Anne of Green Gables" 2

"Long-ago Stories of Japan vol.1" 2

"Peter Pan" 2

"Michael Jackson Story" 1

"Takasebune" 4

"Gorsch the Cellist" 4

"The Nighthawk Star" 4

"Helen Keller" 2

"Beauty and the Beast" 2

"Roman Holiday" 2

"The Little Prince" 2

"Andersen's Classic Stories" 1

"Greek Myths" 1

"The Trojan War" 1

"The Book of Tea" 1

"Japan A Short History" 1

【学習書周回数記録】(English全般)

"毎日の英文法" 89

“速読速聴英単語Basic” 12

“速読速聴英単語Daily” 14

“速読速聴英単語Core” 14

“速読速聴英単語Opinion” 11

"英検2級 文で覚える単熟語" 11

"英検準1級 文で覚える単熟語" 8

"英検1級 文で覚える単熟語" 6

"知識と教養の英会話 第2版" 7

"日本人のための教養ある英会話" 7

"大人のための知識と教養の英会話" 7

“シンプルな英語で話す日本史” 6

"シンプルな英語で話す世界史" 6

"日英対訳で読む聖書物語" 4

"英語で読むグレート・ギャツビー" 3

"英語で読む方丈記" 6

"英語で読むスティーブ・ジョブズ" 3

"読解英文傑作エッセイ21選 生きるヒント" 2

"英検1級英作文問題完全制覇" 2

"究極の英語リスニングVol.1" 6

"究極の英語リスニングVol.2" 6

"究極の英語リスニングVol.3" 6

"究極の英語リスニングVol.4" 6

【学習書周回数記録】(TOEIC関連)

TOEIC速読速聴英単語STANDARD” 15

TOEIC速読速聴英単語GLOBAL” 14

"TOEIC文法問題でる1000問" 4

"公式TOEIC問題集5-1" 11

"公式TOEIC問題集5-2" 11

手元に残っているものは以上だが、つまらなかったり、学習効果が薄いと感じ古書店に売ってしまったものも後30~40冊はあると思う。 多いだろうか、少ないだろうか。感じ方は人それぞれだと思うが、TOEICで高得点を取りたいだけならもっと少ない学習書の数でも充分だろう。 しかし今俺の手元に残っているものは割と厳選されていて良い学習書ばかりだ。その中でも特に良かったものをピックアップする。

『ラダーシリーズ』

単語帳にもいろいろと手を出して、嫌になるほどやったが、英語学習が嫌になるばかりで効果があったのかよくわからない。 そんな俺にはラダーシリーズが非常に良かった。

"ラダーシリーズは、使用する単語を限定して、やさしい英語で書き改められた、多読・速読に最適な英文リーダーです。巻末にワードリストが付属しているため、辞書なしでどこでも読書が楽しめます。ラダーシリーズで「はしご (ladder)」を一段ずつ登るように、ステップアップしましょう!"

このシリーズを電子書籍で多読したのは楽しかったし、比較的効果もあったように思う。また、電子書籍なら嵩張らない上に、分からない単語を内蔵の辞書でワンタッチで調べられる。しかしこのシリーズは辞書に頼らずテンポよく読み進めるのが良い。萎える前に読み切ってしまうのだ。

『速読速聴英単語』シリーズ

速読速聴・英単語 Core1900 ver.5 (速読速聴・英単語シリーズ)

速読速聴・英単語 Core1900 ver.5 (速読速聴・英単語シリーズ)

これも単語を単語単体では無く文章から覚えるものだ。 とにかく読みまくって、付属のCD音声を聞きまくった。 見開きの左右に英文と日本語訳がレイアウトされているのでスムーズに学習できる。 BasicやDailyは単純なフィクションが多く、繰り返し読むと飽きてくるが、英語学習の基礎となる部分を効率的に学習できるので取り組む価値は有った。 CoreとOpinionは環境、教育、政治、国際情勢、司法、科学、テクノロジーなど様々な分野に頻出する単語や熟語、言い回しを効率よく覚えられるので英語のニュースを読んだり聴いたりするための足掛かりになった。

『知識と教養の英会話』シリーズ

知識と教養の英会話 CD2枚付

知識と教養の英会話 CD2枚付

このシリーズも、平和、哲学、文学、宗教、脳死安楽死少子化自衛隊憲法9条、環境問題、裁判員制度のその後、日本経済の再生、労働力不足など幅広いテーマの知識を英語と共に学べるので良かった。TOEICの学習にはお勧め出来ないが英検一級には使えると思う。

英語学習もある程度のレベルに達したら参考書に頼らず実際に英語のニュースを見たり聴いたり、英語圏の人と話したり、英語で文章を書いてみたり、実践しながら学習していくのが良いと思う。 俺は今まで学習書を使ったインプットばかりやってきたが、伸び悩んでいるのは、そういう実践不足の為かと思われる。 学習方法の転換を迫られているのかもしれない。 頑張れ、俺。

方針。墓碑として。

俺はもう長く無い。 どうしようもない不安や虚無感に苛まれ、消えてしまいたいと思う事も少なくない。 俺はもう諦めている。 このブログには、俺が一人の人間として生きた証として、俺がどういう人間であったか、俺にまつわる雑多な事を書き記しておきたいと思う。

このブログは、忘れられた電脳世界の僻地にあって、時々珍奇な流民が迷い込む。そんな俺の墓。

(何も無いけど、ゆっくりしていってね

物質界のおもひでぽろぽろ。姫路市立動物園、素人の写真。Rest in peaceが言えなくて。

ある映画プロデューサーが、「素人の写真は面白い。素人は自分の撮りたいものを撮るからだ。プロは長年撮るべきものを撮っていると感性が鈍ってくる。」とのような事を言っていた。

俺は写真に関して、全くの素人だ。そんな俺の写真が面白いかどうか知らんが、俺が昨年の十二月に姫路市立動物園を訪れた際にスマートフォンのカメラで撮影した写真をいくつか並べてみようと思う。

ちなみに俺の写真は全て正方形だ。変なこだわりだ。カメラを横に向けたり縦に向けたりするのが面倒なのだ。それに、並べた時に統一感があるのだ。そんなわけで、正方形なのである。

f:id:nehanariake:20201025211655j:plain

先ず俺の目を惹いたのはアルマジロである。四足歩行でちょこまかと歩き回ったり、かと思えば突然球体になったり、せわしなく動き回っていて見ていて非常に面白かった。いつまでも見ていたいと思った。

f:id:nehanariake:20201025211810j:plain

フラミンゴ。

f:id:nehanariake:20201025211819j:plain

君は見たことがあっただろうか!山羊の後頭部を!!とくとご覧あれ!!!

f:id:nehanariake:20201025211814j:plain

シロクマ。この写真では伝わり難いが実物を見ると想像以上に大きい。しかもその大きさの割に動きが非常に機敏なのである。

(正方形写真の弱点はサイズ感や躍動感が表現し難く、 ダイナミズムやストーリー性に欠けがちな点だ)

f:id:nehanariake:20201025211801j:plain

シロフクロウ

f:id:nehanariake:20201025211806j:plain

ダチョウ。

f:id:nehanariake:20201025211857j:plain

ペンギンもおります。

f:id:nehanariake:20201025211903j:plain

どことなく寂しげなロバ。

f:id:nehanariake:20201025211844j:plain

どことなく寂しげなUFOキャッチャー。

f:id:nehanariake:20201025211848j:plain

抽象化された象と馬の乗るやつ。

f:id:nehanariake:20201025211853j:plain

みんな大好きスーパーゴリラボールとドドンガドン。

f:id:nehanariake:20201025211827j:plain

ゴリタンおやこのどっちの手にはいってるか。

f:id:nehanariake:20201025211823j:plain

一見優しそうな、金で動くおじさん。

昨今の政治家を風刺しているのだろうか。

いいえ、していません。俺の心が汚れっちまっているのです。

f:id:nehanariake:20201025211831j:plain

観覧車。

f:id:nehanariake:20201025211717j:plain

この動物園で亡くなった動物たちの慰霊碑。

いったいどれくらいの数の動物が亡くなっただろうか。

それぞれどのような一生を送ったのだろうか。

幸せだっただろうか。

人々に安らぎや楽しみを与えただろうか。

その死を悲しんだ仲間や人がどれだけいただろうか。

そんな事に思いを馳せる。

R.I.P. (Rest in peace)」という言葉も「ご冥福をお祈りします」という言葉も、俺にはどうもしっくり来ない。

何処か腑に落ちない所があって、俺はそれらの言葉を使うことが出来ないでいる。

では何と言えば良いのか。

「あなたはこのmaterial worldに生まれて、生きて、様々な現象を見たり聴いたり感じたりして、色々な経験をして、死んで、形の無い所へ帰られたんですね。俺もいつかそっちに行きます。」

と言うのは変だろうか。変だ。

おしまい。

姫子の死

昨日、象の姫子が死んだらしい。先程、ニュースで知った。

43歳で、人間に換算すると60歳くらいだったそうだ。

俺は昨年の十二月にその姫子がいた姫路市立動物園に行った。

色々と写真を撮ったが姫子の写真は撮っていない。

大きな身体で狭い空間に閉じ込められているのを観るのが不憫だと思ったのと、十年程前に同動物園を訪れた際に、恐らく仕込まれた芸の一種なのだと思うが、その象が前に後ろにステップ(といえるほど軽快なものではなかったが)を踏むダンスのような動作をロボットのように延々と繰り返しているのを観て、当時二十歳そこそこで少し捻くれていた俺は、単調でつまらないし、少し不気味だとさえ思った、その印象が残っていたので、その象をほとんど見ずに通り過ぎた為である。

しかし、それは俺の勝手な空想で、姫子は飼育員や見物客に愛されて案外幸せだったのかもしれない。

その本当のところは俺にはわからない。

ただ、死んでしまったと知ると、あの時もう少しゆっくり観察しておけばよかったと思わない事もない。

生きている間は何とも思わなかったのに、その人が亡くなってから、その人に親しみを覚えたり、愛おしく思える事がある。それはどうしてだろうか。

最近、若くして自死した音楽家の遺した楽曲を聴き漁ったり、その人と生前親交があった人達がSNSなどでその故人についてコメントしているのを見漁ったりして、哀しい気分に浸ったり、自分なら何と言うか考えたり、どうして自死に至ったのか解釈しようとしてみたりしている。

酷いスランプに陥っていたのかも知れないし、才能の枯渇を恐れ行末を案じ極度に悲観的になっていたのかも知れないし、人間関係について何か誰にも言えないような深刻な悩みがあったのかもしれない。

俺があれこれと推考しても本当の事は当人にしかわからない。

死んだ者は沈黙している。沈黙の中には様々な謎、即ち、解釈の余地がある。

姫子の、あの延々と繰り返していた一見単調なダンスも、見物客を楽しませたいという献身の表れだったのかもしれないし、毎日同じような繰り返しの日々でも、信じて続けていれば希望や喜びを見出せる事はある、だから投げ出さずに今自分に出来る事を精一杯やるしか無いのだ、という隠れたメッセージを受け取る事も出来たのかもしれない。

(或いは既に深層意識の中にそのようなメッセージを知らずに受け取っていたのかも知れない)

夢の続きのようなもの

f:id:nehanariake:20200930085335j:plain
買いたい本があり書店に行くついでに、気候が良かったので標高50メートル程の小高い山に立ち寄った。

 

 

f:id:nehanariake:20200930085453j:plain
俺はこういう、人工物と植物が共存する空間が好きだ。
昔はここにモノレールの駅があったらしい。

 

 

f:id:nehanariake:20200930085402j:plain
ペチュニアか、或いはサフィニアだろうか。可愛らしい花である。

 

 

f:id:nehanariake:20200930085413j:plain
セブンティーンアイス。たまに食べると美味しい。

 

 

f:id:nehanariake:20200930085431j:plain

トケイソウ
英語では Passion flower と言うそうだ。
文化が違えば呼び方もニュアンスも全く違うものになる。

人は皆それぞれが普段接している共同体(国家、自治体、家族、友人、会社、組合など)や情報源(テレビ、ラジオ、新聞、書物、ウェブサイトなど)が作り出す共同幻想の中で生きているのだ。

 

 

f:id:nehanariake:20200930085517j:plain

今はもう営業していない回転展望台喫茶店
その名の通り回転する展望台の中で茶や軽食を楽しめたらしい。

 

 

f:id:nehanariake:20200930085421j:plain
何度も観た景色だが、日によって見え方が違う。
単に移り行く街並みや気候のせいもあるだろうし、俺の精神や視点の変化のせいもあるだろう。
同じように見えても、同じ景色は二度と無い。
人も街も自然も変わっていく。

 

 

f:id:nehanariake:20200930085506j:plain

隣の遊園地と市民プールは今年閉園した。
今年は最後の年だったが、疫病の影響で営業は出来なかった。

 

 

f:id:nehanariake:20200930085443j:plain

太平洋戦全国戦災都市空爆死没者慰霊塔。
人類はいつになったら愚や野蛮を克服出来るのだろうか。

 

 

f:id:nehanariake:20200930085351j:plain
様々な植物が綺麗にデザインされ、整えられている。
昨今の環境問題は人間の自然に対する過剰な制御がもたらしたものだが、自然との共存の為には適度な制御も必要となるだろう。
どのような尺度によってその適度を決定するのかが問題なのである。

 

 

f:id:nehanariake:20200930085313j:plain

温室植物園も有る。
昔ここで食虫植物の展示などを見た覚えがある。

 

 

f:id:nehanariake:20200930085540j:plain
登りが有れば、下りも有る。

  

f:id:nehanariake:20200930085345j:plain
15.9km歩いたと、機械が教えてくれた。

 

 

f:id:nehanariake:20200930085323j:plain
駅前の書店で、英語学習の合間に息抜きの為に読む本を購入した。

俺の周囲には教養の有る人間など一人もいなかった。
野蛮で狭小で時代遅れな共同幻想の中を生きていた。
俺の両親は本など読まず、テレビの下品で低俗なバラエティ番組やワイドショーばかり見ていた。
無知で浅慮で、テレビの情報を鵜呑みにして意見や方針をコロコロ変える両親にうんざりしていた。
下いびりの上諂いで、嘘くさく信用出来ない大人ばかりだった。

少しばかりそれらしい本を読んだところで教養などと云うものが身につくとは思わないが、少しはマシな人間になりたいと思う。

 

 

K君と俺について。補遺。

先の記事を読み返して、感情に任せて誇張した部分や逆に書き漏らした事などがあったので少し補足しようかと思う。


先ず、正直に言うと先の記事は自己分析などするつもりは全くなく、K君について日頃言いたかった事を箇条書きにし、それをあたかも自己分析が当初の目的であるように装飾し、少し遠回しにこじつけただけである。

だからやや恣意的な部分や論理の飛躍が見られるし、内省や客観に欠ける。

こんなものを読まされたK君が腹を立てるのも無理は無いだろう。

K君曰く、俺は感情の起伏が激しくいつ自死するかわからない、所謂「メンヘラ」だそうだ。


全くその通りだと思う。俺は病院が嫌いなので行かないが、病院に行けばなんらかの精神病名をもらう事になるだろう。

しかし本当にそうだとすると、K君の俺に対する「メンヘラ」呼ばわりはそんな苦悩を抱える精神病患者を揶揄するような非常に軽率で心無い言葉だと言うことにならないか?


だがそんな事はどうでもよい。むしろそう言ってくれた事に感謝している。

俺はもう自身の感情の浮き沈みに三十年程付き合って来ているのでそれが当たり前になっていて、その異常性や危うさを忘れていた。

それをK君は再認識させてくれたのだ。


さりとて、それに気付こうが気付くまいが俺は俺の精神から逃れることは出来ないのでどうしようもない事である。

それに自死という事に関して言えば、その自死という選択肢がある事は俺にとって一種の精神安定剤になっている。

だから他人から言われてどうこうなるものでは無い。


K君と共に酒を呑み歩いたり語り合ったりした時間は楽しかった。

ユーモアや想像力に欠けるものの、比較的真面目で、いい友人だった。

野暮も幼稚も無粋も、若さを勢いで消費するだけの日々にはそれがかえって燃料となった。


歳をとって、ある程度分別がつくようになった今となってはもうそれはつまらない。目を瞑ってはいられなくなった。それだけの事である。


洗練の為には、取捨選択を避けては通れないだろう。


いい大人になりましょう。